アロマテラピー

滋賀県守山市のエステサロン 山桜桃 yusura アロマテラピー画像

アロマテラピー

アロマセラピーとは、植物の持つ生命エネルギーを凝縮させた精油を用いて、自然のエネルギーを体の中へ取り込んでいく療法です。香り( アロマ )と療法( セラピー )を合わせた言葉で、花や木など植物に由来する芳香成分( 精油 )を用いて、香りをかぐことで心の疲れを取ったり、内分泌腺を刺激してホルモンの分泌を促進させたりします。また、オイルで希釈し、直接体のオイルトリートメントをする事で、精油は皮膚を通して体の中へ入りこみ、細胞が健全になるように働きかけます。お香やフレグランス・キャンドルも含め、生活に自然の香りを取り入れてストレスを解消したり、心身をリラックスさせることも、広い意味ではアロマセラピーと呼ばれています。

『 アロマセラピー 』 と 『 アロマテラピー 』 の違いは? 『 セラピー 』 は英語読み。 『 テラピー 』はフランス読み。それだけではなく、イギリスとフランスでは精油の使い方が違います。フランスでは医師が患者を診断して、薬のかわりに精油を使って治療することがあり、内服や直接塗ることもあります。イギリスでは、病気の予防やちょっとした体の不調やスキンケア、メンタル面のバランスを取るために、一般の人が日常生活の中で用いています。日本では、イギリスと同じ扱いなので、アロマセラピーと呼んでいます。100%天然物質で、人工的に合成した物質を一切含まず、アルコール希釈などをしていない完全成分のものだけを 『 精油 』 とよびます。アロマオイルやポプリオイルなどと混同されることも多く、混ぜ物を含むそれらとは全く別物ですが、 日本では成分が常に一定でないと薬としては認められないので、ポプリオイルなどと同じ雑貨扱いです。

森の小さなエステサロン